園便り

久良岐便り
 久良岐便り(第40号)2015.10.15
横浜は雨が続いています。

雨があがった!と外に出てみるものの、やっぱり雨が降りだしてお部屋の中に逆もどり。

しまい忘れたおもちゃのバケツが雨にぬれて、ますますお日さまが恋しくなります。

でも、スマホの機能や人が手を触れずともセンサーが感知して動く家庭機器も多くなりましたから、人間の思い通りにいかないことを、おとなの知恵で梅雨の生活の様(さま)を子どもに見せ、共にこの季節を過ごしたいものだと思います。
 続きはこちらからダウンロードしてください。 →
 ダウンロード  

 久良岐便り(第39号)2015.10.10
春を待ちきれずに開いた桜が、今年は人々の目を長く楽しませたように思います。

春が来たかと思うと冷たい風に肩をすくませますが、毎日の陽気の変化に子どもの服装や体調を気遣う朝は、四季に恵まれた日本ならではかもしれません。

今年も子どもの健やかな成長を願い、大きなこいのぼりをあげました。


青い空に元気に泳ぐこいのぼりに子どもたちの歓声が広がります。
 続きはこちらからダウンロードしてください。 →
 ダウンロード  

 久良岐便り(第38号)2015.1.28
元旦の午後、横浜では白い雪が舞ました。

1年のいちばん初めの日の雪が辺りの景色を包み、めでたさの中に少しの静けさも感じられました。

美しい日本の四季がおだやかに巡ってきますようと願った方も多かったのではないでしょうか。

久良岐便り38 号では冬の行事を楽しむ子どもたちの様子もお伝えします。

今年もよい 1年でありますように。
 続きはこちらからダウンロードしてください。 →
 ダウンロード  

 久良岐便り(第36号)2014.7.17
青い空の向こうに もくもくと白い雲。

いよいよ夏本番! 久良岐のプールからも夏の遊びを楽しむ子どもたちの歓声が聞こえてきます。

おとなが着せてくれる浴衣や園庭の花火、みんなで眠るキャンプの夜… この夏の出来事が子どものよき思い出となるようそれぞれの施設が準備をしています。

春 夏 秋 冬 日本の四季の恵みを子どもたちの生活に取り入れ、心も豊かに過ごしていきたいものです。
 続きはこちらからダウンロードしてください。 →
 ダウンロード  

 久良岐便り(第35号)2014.4.19
記録的な大雪に見舞われた 冬。

誰もが春の日ざしを待ち望んでいました。そんな人の心を察してか今年の桜はいつもより早く咲いたような気がいたします。

久良岐の庭も この便りをお届けする頃には、緑の風を受けて悠々とこいのぼりが泳いでいることでしょう。日本の四季と共に子どもたちの笑顔も感じていただけたらと思っています。
 続きはこちらからダウンロードしてください。 →
 ダウンロード  

P1 P2 P3 P4 P5
[管理]
ページのトップへもどる